×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カードローンは天使か悪魔か

img42535.jpg

カードを利用する際に返済に困ることを前提に借り入れをする人は誰もいないでしょう。
誰しも、たくさんあるカードローンの種類やその仕組みを理解して、自分の貯金や収入をきちんと把握した上で、カードローンを使用していると思います。

そんな方でも「カードがあるから大丈夫」という心の油断から、カードローン地獄が始まっていくのです。
学校を卒業して、晴れて社会人となって、はじめてカードが持てる喜びもあると思います。

しかしその喜びに浮かれて支払いは全部カードを使ってなんでも買い物をしていると、後が怖いですよ。
カードローン地獄は、カードを持つものにとって、天使にもなり、悪魔にもなるのですよ!
切っても切り離せない怖い存在と言えるでしょう。




カードローンの甘い誘惑。そして返済に追われる日々

img31366.jpg

カードローンを安易に考えていると、多くの方がいつのまにか自分のお金と勘違いして、普段の買い物でどんどん利用してしまい、届いた明細書を見てビックリということもあるようです。

このような失敗をしないようにカードローンは借りているお金なのだといつも自覚していれば、使い過ぎず、生活にとって便利なものとなります。
とっても便利なカードローンですが、あくまでも自分の貯金でも収入でもないことをいつも覚えておくことが大切です。

はじめから何社ものカードローンを使っている人はいません。
でも他の会社のカードローンを利用して、さらにお金を借りているという方もよく聞きます。
あまりにもずさんな使い方をしていると、返済期日が来てはじめて自分の収入だけでは支払えない額になっていることに気づいて、やむを得ず新しい会社でカードを作っているようです。
一度の利用で返済が終われば問題ないのですが、新たな借り入れをしてしまうと、人間の心の弱さなのでしょう、いつでも借りることが出来るからとついつい利用してしまうようです。

気付けば利息も加わって、返済に追われる日々が・・・。

カードローン地獄、「そんなの関係ねぇ」では済まない

img81414.jpg

ささいなきっかけから、カード会社を増やしたばっかりに、意識していなくてもついつい複数枚のカードを使うようになる可能性は高いようです。

そして、いつの間にか利用明細書の山が届くようになり、ついには督促状の山となって、カードローン地獄から抜け出せなくなってしまうのです。
これくらい大丈夫だろうという安易な考えから、気がつかないうちに借金地獄へと落ちていくのです。

自分に限ってそんなことは無い。
大丈夫だと思っていた人もカードローン地獄に陥っているようです。
自分には関係ないことだと思っている人も、ぜひ気を付けてください。
自覚症状のないうちにカードローン地獄へ落ちていたという人も多いようですから。